上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2~3年前、テレビでティーカッププードルを見ました。

カップに入ったトイプードル?カップに入るほどの大きさ。
ティーカップに入る大きさ=ティーカッププードルと呼ばれるようになったと思いますが。


トイプードルがさらに小さくなったのがティーカッププードル
犬種とかでなく、テレビに出ていたのは、トイプードルの体が小さい子(個体差でますので)
だったといわれてます。あくまでもサイズに関する名称です。

人間も一人一人の体は違います。小さい人もいるし、大きい人もいますしね。

ティーカップに入る位の大きさですので、まるでぬいぐるみのような愛らしさ。
いつまでも子犬のような、小さくてかわいらしいが、人気のようです。

ティーカッププードルはもう10年以上前からアメリカでは呼ばれていました。
ティーカッププードルは、成犬でも体重が1.5㎏ほどの重さしかないというのが特徴です。

ティーカッププードルといっても、プードル犬ですから、性格や学習能力が高く頭がいい
賢さはプードルと同様です。ただし、小型犬になればなるほど飼い主に対する依存心が強くなる
傾向にあるようです。

小さい犬種の飼い主によく見られるのが、お人形のように可愛がってしつけを怠ると、
頭の良さに飼主が振り回されることになりますので注意して下さい。

どんな犬でも、主従関係をしっかりと築くしつけが大切です。

ティーカッププードルはとても小さい分、内臓が弱かったり、足の骨は非常に細く
筋肉もあまりついていませんから、脚が弱く、膝蓋骨脱臼・骨折には特に注意が必要。
小型犬に対する人気、日本は根強く、最近はティーカッププードルの人気が高まる反面、
悪質なブリーダーも増えています。これはどの犬種にも言えることですが。

信頼のおける業者から購入することをお勧めします。

ティーカッププードルは血統書は発行されませんので、注意が必要です。
スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

タグ : プードル

<< ヨークシャテリア Yorkshire Terrier  | ホーム | チワワ Chihuahuaのこと >>



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。